i-ダイレクト法、FUT法、FUE法を比較してみた


i-ダイレクト法、FUT法、FUE法を比較してみた

i-ダイレクト法とFUE法、ストリップ法を比較してみた

アイランドタワークリニックのi-ダイレクト法と従来方法であるストリップ法、FUE法を比較すると違いは移植密度の濃さと傷跡にありました。使い古された従来の方法がよいのではなく、改良され、より頭皮・毛髪に優しいアイランドタワークリニックの方法が注目を集めています。

 

 

i-ダイレクト法とストリップ法の違いは傷跡

 

アイランドタワークリニックのi-ダイレクト法とストリップ法を比較すると、違いは傷跡にあることがわかります。ストリップ法は帯状に採取しますが、i-ダイレクト法は毛根ごとに細かく採取していきます。採取後に傷跡が目立たないのがi-ダイレクト法。日常生活にスムーズに戻ることができます。

 

 

従来から多くのクリニックで行われているストリップ法。帯状に皮膚毎ドナーを採取し、グラフトを形成します。大きな傷跡が残りますし、採取後は毛髪がないエリアが目立ちます。見る人が見ればすぐに自毛植毛をしたことが分かってしまうでしょう。

 

 

i-ダイレクト法は直接グラフトを採取することができるため、傷跡は採取した毛穴部分のみ。採取する密度を調整できるため、採取後も自然な髪形を維持できます。すぐに普通の生活を送れますし、周りに気付かれることも少ないです。

 

 

i-ダイレクト法とFUE法の違いは大きさと密度

 

アイランドタワークリニックのi-ダイレクト法とFUE法を比較すると、違いは採取する器具であるチューブパンチの大きさであることがわかります。FUE法が1mmに対して、アイランドタワークリニックのi-ダイレクト法が0.8mmという極細チューブパンチで採取するのです。

 

 

チューブパンチが細いという事は採取時の傷跡が小さいという事。FUE法より傷跡は目立ちにくいです。また、採取したグラフトは1グラフト当たり3本から4本の毛髪を採取します。FUE法では5〜6本と採取本数が多くなります。

 

 

移植時にデザイン性が高いのはアイランドタワークリニックのi-ダイレクト法。細かく植毛できるので、生え際やつむじなどの形成が難しいエリアへの植毛に強いです。

 

 

i-ダイレクト法と他の施術方法との大きな違いとは?

 

アイランドタワークリニックのi-ダイレクト法と他の施術方法との大きな違いは密度と採取後の傷跡です。今までのどの施術方法と比較しても、密度の濃さと傷跡の小ささは群を抜いており、日本だけでなく、世界の著名人がアイランドタワーを利用している理由となっています。

 

 

更に加えると0.8mmの採取グラフトはそのまま植毛できるサイズです。採取後速やかに植毛できるため、植毛時の鮮度も良く、当然定着率の上昇につながります。95%以上の定着率をアイランドタワークリニックが誇っている理由もi-ダイレクト法を実施しているからです。

 

 

確立した独自の植毛技術i-ダイレクト法での治療を受けることができるのはアイランドタワークリニックだけ。独自の施術方法は独自の効果を作り出します。

 

アイランドタワークリニックの公式サイトへ



i-ダイレクト法、FUT法、FUE法を比較してみた